最新型のお墓|老若男女問わず人気の納骨堂

花

最後のお別れをする

葬儀

大阪の門真市では、費用をおさえて葬儀ができる、家族葬が人気があります。家族葬では、親しい親族だけが参列できるので、故人とゆっくりとお別れができるのが、人気の理由です。故人の生前の希望を聞いておいて、葬儀を行う工夫をすると、満足度の高い葬儀が行えます。

詳しくはこちら

室内のお墓

手を合わせる人

使い方が選べる

かつては納骨堂というと、一時的に遺骨を預かってもらうための施設でした。現在は、室内のお墓として作られた納骨堂が増えています。継承できるものとできないものがあるのですが、前者は年間管理費を支払い続けている限りは普通のお墓のように家族で使うことができます。後者は30年や50年といった使用期限が定められており、それを過ぎると自動的に合葬されるシステムですが、使用期限の延長ができるところも少なくありません。継承できるタイプの納骨堂でも、誰も継ぐ人がいなくなったときには合葬になります。一般的なお墓との大きな違いとして、墓石の撤去や墓地区画の原状回帰の必要がなく、最初に支払う使用料に合葬墓に移す諸費用が含まれているという点が挙げられます。このように、現在の納骨堂はタイプの違いはありますが、いずれも永代供養を前提にしています。

低価格で安心

都市部を中心に近代的な納骨堂が増えており、人気も高まっています。納骨堂は墓石を建てる必要がないため、一般的なお墓に比べるとリーズナブルな価格で使用できます。大手のお墓ポータルサイトの調査によれば、一般的なお墓にかかる費用の平均は170万円ほどです。納骨堂ですと、家族で使えるタイプでも100万円弱が多く、夫婦だけ・個人用と少ない使用人数でしたら50万円以下というものも多々あります。こうした手頃な価格と、永代供養を前提にしているという安心感が主な人気の理由です。墓石を建てるタイプのお墓は維持管理、いずれは墓じまいが必要になります。そうした部分で、経済的・物理的な負担を考え、あえてお墓は要らないと考える人も増えているのです。従来のお墓のデメリットを払拭しているのが、近代型の納骨堂なのです。

葬儀会社とお通夜の服装

女性

藤井寺市で家族が亡くなったときは、すぐに葬式を行う会社を決めず病院からの搬送だけ依頼することです。そうすることで冷静に判断することができます。またお通夜の服装に関しては地味な平服でも大丈夫です。逆に準備が良すぎると事前に用意をしていた印象を与え失礼になります。

詳しくはこちら

遺品の整理

ダンボール

亡くなった方が残した遺品は整理するのがおすすめです。以前は遺族のみで行っていた遺品整理ですが、近年は様々な要因から専門の業者に委託する人が一定数います。高齢化や核家族化の進行で、東京や横浜といった大都市でも需要は増加しています。

詳しくはこちら