最新型のお墓|老若男女問わず人気の納骨堂

数珠

遺品の整理

ダンボール

遺品整理は故人の残した遺品を整理する事で、高齢化社会が進む日本では横浜を含めて頻繁に見られる光景となりました。遺品整理と言えば、一般的には不動産や預金通帳など財産の相続に関する事柄を連想しますが、それ以外にも衣類や家具、日記、アルバムと言った日常品も遺品に該当します。一口に遺品と言っても実に様々で、遺品によっては遺族側が受け取りを拒否するケースもあります。その為、遺品整理を専門に扱う業者が存在します。東京や横浜などの大都市にも需要があり、今後二十年から三十年の間は右肩上がりの需要増加が予測されています。但し、現時点では遺品整理に関する明確な法整備が進んでおらず、違法料金を請求する業者もいるので注意が必要です。

高齢化社会と共に核家族化が進んだ現在では、故人宅の清掃や片付けを含めた遺品整理を専門業者に委託する人は一定数います。それは横浜でも珍しい事ではありません。実家までの移動距離、あるいは務め人であるが故の時間的拘束など、理由は様々です。基本的に食料品などの生鮮品は、そのまま処分します。不要な衣類や家電は遺族との相談の上、取捨選択を行った後に売却する事が多いようです。その際の売却益は遺族が受け取ります。形見分け品の発送や、人形や写真類の合同供養を実地する業者もあります。中には遺族心情を傷付ける遺品もあり、その場合は何も告げずに処分する事もあるようです。遺品整理を専門とする業者は、需要の高まりと共に年々増加しており、横浜も例外ではありません。